沖縄県立南風原高等学校

学校長より

学校長あいさつ

南風原高等学校 校長 大宮廣子

 「かすりの里・文化のまち・平和のまち」南風原町の小高い丘の上に南風原高校はあります。すがすがしく吹き渡る南風とともに、郷土芸能部の皆さんが奏でる琉球の音、早朝練習に励む部活動生の弾むかけ声、そして、登校する生徒達の爽やかな挨拶、南風原高校ならではの「音」が響き渡り、南風原高校の一日が始まります。
 南風原高校は昭和51年に開校し、今年度は開校42年になります。南風原高校の「音」が象徴しているように、南風原高校には今、50年の節目に向かい、南風原高校の確固たる伝統を築くべく躍動感がみなぎっております。
 本校の教育目標は「自主・自律」の精神と郷土の文化を愛する心を養い、幅広い「職業観・勤労観」を身に付け、将来、実社会で活躍できる良識ある人材を育成することです。
教養ビジネスコース、郷土文化コース、普通総合コース(特進クラス・普通クラス)の特色あるコースを設置しております。また、沖縄高等特別支援学校南風原分教室の皆さん、今年度開校した、併設型の特別支援学校南風原高等支援学校の皆さんと授業(体育・書道)や学校行事、部活動、委員会活動等共に学び活動しています。学園における友情の輪を広げ、円満な人格形成をめざすことが意図されている校章をシンボルとしてインクルーシブ教育を実践しているところです。
 さて、今年度も前年度に引き続き、生徒が大活躍しております。まず、平成29年度沖縄県高等学校総合体育大会において総合成績15位を獲得しております。レスリング、バドミントン、新体操、ソフトテニスは県代表として九州大会や全国大会へ派遣されます。先に開催された九州高校総体でレスリングは優勝という快挙も成し遂げております。また、文化系部活動の活躍として、「沖縄県高校生郷土芸能ソロコンテスト」において、三線部門金賞及び高文連会長賞、舞踊部門金賞及び芸大学長賞等多くの生徒が受賞しております。このように体育系・文化系部活動共に大活躍しておりますが、進学面においても筑波大学・県立芸術大学の国公立大学をはじめとして県内外の私大に多くの生徒が進学し、就職決定者も含めて進路決定率は92.1%に達しました。4年連続進路決定率90%以上の達成となりました。
 南風原高校は「南風魂」(頑バル、踏んバル、チバル)をモットーとしております。地域に信頼される学校をめざして、教育目標達成のため、生徒の進路実現のため、家庭や地域・関係機関と連携を図り、全教職員力を合わせて取り組んで参りたいと思います。

校長通信

29.4.28校長通信.pdf

29.5.8校長通信.pdf

29.6.14校長通信.pdf

29.6.15校長通信.pdf

29.7.20校長通信.pdf

29.7.21校長通信.pdf

29.8.31&9.4校長通信.pdf

29.11.2⑩校長通信.pdf

29.11.17⑪校長通信.pdf